受診時の注意事項

受診前日の注意事項

  • 前日の夕食は、午後8時までにおすませください。
  • 午前0時までは、お茶またはお水だけなら飲んでかまいません。 ※他の飲み物は飲まないでください。
  • アルコール、タバコはひかえてください。

受診当日の注意事項

  • 受診当時の朝は飲食禁止です。※午後からの健診の方は、朝8時までに、消化のよい軽い食事ですませて、以後は絶食してください。

当日持参するもの

  • 問診票 ※すべて記入してお持ちください。
  • 便容器 ※便検査のある方のみ
  • 保険証
  • メガネ、コンタクトレンズ(ケース) ※使い捨てコンタクトレンズの方は予備をお持ちください。
  • 窓口負担金 ※クレジットカードは使えません。

尿検査

  • 健診時に、採尿していただきますので、受付に来られてからトイレに行くようにしてください。

現在治療中の方の注意事項

  • 受診当日は、高血圧・心臓病・てんかん・喘息・甲状腺の薬は服用可能です。当日朝6〜7時にコップ半分の水で服用してください。薬を服用された方はお申し出ください。
  • 糖尿病の薬は、当日の朝は飲まないでください。受診当日の服用方法はかかりつけの医師にご相談ください。
  • その他の薬につきましては、主治医に相談の上、受診してください。
  • 検査当日は服用されている薬と薬の説明書をお持ちください。

妊娠中またはその可能性がある方の注意事項

  • 胸部X線検査、胸部CT検査、胃部X線検査、胃部内視鏡検査、肺機能検査、乳がん検査(マンモグラフィー・触診とも)、子宮がん検診、骨密度測定、内蔵脂肪検査、MRI検査はできません。

授乳中の方の注意事項

  • 授乳中の方は、検査後にのむ下剤が母乳に影響があり、子供が下痢をする可能性があるため、胃部X線検査はおすすめしません。
  • 乳がん検査(マンモグラフィー・触診とも)は、授乳中はさけてください。

発熱のある方・風邪など体調不良の方の注意事項

  • 体調不良の方、一週間以内に発熱があった方は、検査値が通常の状態と異なったり、かくれている病気がわかりにくくなる場合があり、健診に適した状態ではありません。健診日を変更し、体調のよいときにあらためて健診をうけられることをおすすめします。

胃の検査について

    胃部X線(バリウム)検査

  • これまでにバリウム検査でアレルギー症状をおこされた方は受けられません。
  • 妊娠中またはその可能性がある方は受けられません。
  • 授乳中の方は、検査後に飲む下剤が授乳に影響があり、お子様が下痢をする可能性があるため、胃部X線検査はおすすめしません。
  • 日ごろから便秘の方は、検査前日までに便秘の状態を改善してください。
  • 飲食をされた時にむせやすい、またはこれまでにバリウム検査でむせたことがある方は、飲み込みの具合をお伺いするため、嚥下に関する問診票をご記入いただきます。バリウムは誤嚥により肺炎を生じ投薬などの加療が必要となる場合があります。

 

下記の場合には医師の判断によりバリウム検査を中止することがあります。

  • 排便が一週間おきに1回または最後に排便されたのが本日を含め5日以上前の方。
  • 健診当日の血圧が異常に高い場合。
  • 健診当時の心電図検査で問題となる異常がある場合。
  • バリウムの誤嚥の可能性がある場合。

胃内視鏡検査

  • 内視鏡検査時に鎮静剤をご希望の場合は、当日、車・バイク・自転車の運転はできません。(公共交通機関でおこしください。)
  • 妊娠中またはその可能性がある方はできません。